男性心理を理解するために、女性と男性の感覚の違いを知ろう! ~「すごい」という言葉の捉え方~

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

昨日の記事では、「男性心理」についてお話ししました。

パートナーから相手にされていない?! 「すごい」のコミュニケーションができていないのかもしれません。

2018.12.06

特に、男性にとって「すごい」という言葉の威力は、いろいろなところで影響してくることをお伝えしました。

なぜならば、「すごい」などの敬意を表す言葉は、男性にとってコミュニケーションの土台にあるからです。

 

さて今日は、もうすこし「男性心理」のお話をしたいと思います。
特に、多くの女性が「すごい」をいえない理由について、掘り下げています。

あなたの考え方のヒントになれば幸いです。

女性にとっての「すごい」という言葉の感覚

どんな男性であっても、「女性を喜ばせたい」という心を持っているものです。
これは、基本的な男性の性質です。

けれども、もしそれができないとすれば……女性を喜ばすことができないなりの理由があります。

そのひとつが、「すごい」のコミュニケーションがお互いにできていない場合です。

 

多くの女性が「すごい」のコミュニケーションを間違って解釈しています。

それが、「すごい! と思っていないのに……すごい! なんていえません!!」というものです。

ここに、「女性らしい」想いがあるのかもしれません。

多くの女性が「すごい」という言葉のなかに隠し言葉があるようです。

たとえば……

(わたしと違って)すごい
(わたしには出来ないけど)すごい

というように。

それはつまり、「すごい」という言葉のなかに「勝ち負け」を感じるからだと思います。

「わたしが劣っていて相手はすごい」などという優劣が「すごい」の言葉のなかに入り込む傾向があるようです。

けれどもこの認識が、「すごい」という言葉に壁を作ってしまうのです。

SNSの「いいね」と同じようなノリで!

もし、「すごい」という言葉のなかに、「勝ち負け」や「優劣」といった認識があるならば、それは手放してください。

男性の「すごい」は、社交辞令のようなものです。

それは、女性の「かわいい」と同じようなものです。

たとえば、お友達から「ねぇねぇねぇ、わたし、髪切ったんだー」といわれたら……なんとも思わなくても「へぇー、かわいいじゃん」といった程度のものです。

女性がいう「かわいいね」のノリで、男性に対して「すごいね」といえば……円満です。

サラッとでいいのです。
ほんとうにそう思うかどうかは別として、SNSの「いいね」と同じようなノリです。

「相手のいいところ探し」のとっかかりに「すごい」を使う

「すごい」をパートナーに連発していると、パートナーはとてもご機嫌です。

ときどき、「いやいやいや、おまえもすごいで」と「すごい」返しをしてくれるほどです。

はじめは社交辞令であったとしても、相手がご機嫌だとこちらも嬉しいものです。

またそうしているうちに、相手の良いことろを見つけては「すごい」が出てくるようにもなります。

いわば、「相手のいいところ探し」をするとっかかりとして、社交辞令の「すごいね」が使えるのです。

 

パートナーシップのこじれは、相手のダメなところが目につくところから始まります。
そうしていつしか、お互いに相手のだめなところばかりを攻撃し合い、関係性をこじれさせてしまうのです。

目につくダメなところを無視すればいい、ということがいいたいのではありません。

あなたも「いやなところ」ばかりを指摘されると、指摘してくる相手を「こいつイヤなやつ」と思うのと同じように、あなたのパートナーも同じです。

ですから、ダメなところが目につくものは仕方がないとして、ちょっと考えてみませんか? という提案が「すごい」のコミュニケーションです。

社交辞令からでもかまわないのですから。

まずは「すごい!」「かっこいい!」という言葉を、たくさん使ってください。

これは別に、男性を操るための「褒める」ということではありません。

あなたも「だめなところ」を指摘されるのが嫌なように相手もいやだろうから……と、あなた自身の目線を変えるために使うのが、「すごい」という言葉であるだけです。

食を育てるように性を育てよう!
愛し愛されるを文化にし、日本を元気しよう!

日本性育アカデミー協会公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA