2018年10月

性愛心理学とは?

ニートや引き籠りから垣間見る「子ども」の葛藤。子どもをパートナーとの不仲の「はけ口」にしていませんか?

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 40~60代のニートや引き籠りは、年々増加しているといわれています。 実際、カウンセリングの現場でも、そのような方々を多く見てきました。 &nbsp…

パートナーシップ

男気があって素敵な男性は「もともとカッコいい」から、そうなるのか? パートナーに不満を抱える女性へ

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 講演会で登壇すると、参加いただいた方からご感想をたくさん頂戴します。 なかには、参加くださった男性の方が「どうして男の気持ちがあんなに分かっているの…

あなたに伝えたいことがあります

ついつい子どもや夫に「なんでやってくれないの!」と言ってしまう……そこから抜け出すための第一歩

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 前回のこちらの記事↓ こちらに、お母さんが子どもに、妻が夫にやってしまう心の拘束のお話をしました。 心理学用語で、「ダブルバインド(二重拘束)」をし…

あなたに伝えたいことがあります

お母さんが子どもにやってしまう、しかも妻が夫にやってしまう心の拘束。実は、子どもや旦那さんの能力を奪ってしまうやっかいなものです。

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今日は、ある事例を交えながら、お母さんが子どもにやりがちな、また、妻が夫にやりがちな「ダブルバインド」のお話をしていきたいと思います。 あなたの考え…

パートナーシップ

「惚れる」「惚れられる」のどちらかではなく「惚れて惚れられる」にはどうすればいい? 自立と依存の関係性をみてみよう!

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 先日のこちらの記事↓ ここでは、パートナーシップで得られるものとは? を中心にお伝えしました。 この「得られるもの」は、人が生きていくには欠かせない…

パートナーシップ

人はみな、二人の「女」と二人の「男」がいます。そしてこの概念はパートナーシップには欠かせません。

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。命や尊厳の問題を解決するため、「性」を扱える人材を育てています。 その研修の根幹には、「男性性」と「女性性」のバランスをとり統合する、というテーマがあ…

心を支える方法

「成熟」への道。「自信が持てない」「人の顔色が気になってしかたがない」人はどうすればいい?

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 性愛心理学にはよく出てくるキーワード「成熟した大人」。 これは、幸せなパートナーシップを築くうえでは欠かせない要素だとお伝えしているわけですが…… …