女性のみさまへ。今すぐ男性化することをやめて、自分が「女性」であることをゆるしてあげませんか?

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

女性性の話をしてきましたが、たくさんのメッセージを頂戴しました。
ありがとうございます。

こちらに、関連する記事をあげておきます。
どうぞご一読ください。

情報過多で効率や生産性を求める社会の価値観が辛くなってきた女性が活力を取り戻すためには?

2018.11.04

男性が不機嫌に見えるときこそ、活かしてほしい女性の力。~あなたが男性にできる最大の貢献とは?~

2018.12.09

女性性とか男性性とか……知らないよりも知っていた方がいい?! 智慧を活用できると生きやすくなるから

2018.12.10

夫婦でなぜ反発しあってしまうのか……関係性が近くなればなるほど、反発が激しくなる理由

2018.12.11

さて、今日も「男性性」と「女性性」をテーマにお話します。
ズバリ……女性のみさま。男性化することを辞めませんか? というお話です。

あなたの考え方のヒントになれば幸いです。

その行動は、「男性化」を早めているかもしれない?!

女性にとって「やすむ」「ぼーっとする」は、とても大切なことです。
この「やすむ」や「ぼーっと」ができないと、女性性が枯れていきます。

こちらでもお話しましたが、女性は「女性性」を、男性は「男性性」を活かす方が得意なのです。

夫婦でなぜ反発しあってしまうのか……関係性が近くなればなるほど、反発が激しくなる理由

2018.12.11

たとえば、自分以外の誰かのために力を使うことが得意なのは、男性です。
それは、男性の方が「男性性」という、義務や犠牲を果たそうとする性質が強いからです。

ところが、「子どものために」「生活のために」「家族のために」「お金のために」「仕事のために」なにかをしようとする女性が多いのです。

これは、男性が得意とする「誰かのために」という「男性性」やり方です。

女性はむしろ「自分のために」エネルギーを蓄えそのエネルギーを流すことの方が得意なのに。

 

さて、もし、女性が「子どものために」「生活のために」「家族のために」「お金のために」「仕事のために」と一生懸命になるとどうなると思いますか?

女性が男性性のやり方ばかりをしていると「男性性」が優位となり、まるで家の中に、旦那さんとあたなの二人の「男」がいる状態になります。

旦那さんとあなたが、共に義務や犠牲に嵌ってしまいます。

そして、家の中でこの二人の「男」の戦いが起こってしまうのです。

どれだけ仕事を頑張っても成せないもの

女性では、自然に成せないことがあります。

それは、どれだけ仕事ができても、どれだけ優秀であっても、どれだけ頑張っても……「男」には成れない、ということです。

「男」に成れないことぐらい、当たり前でしょ?!

そう思われているかもしれません。
ですが……実際に、男性化している女性は多いのです。

頭で分かっていることが腑に落ちている、というのは、また別のお話なのかもしれません。知らず知らず……なのでしょうから。

性転換手術をして「男」になる、ということなら別です。

けれどもそうでないならば……あなたの半分以上を占めている「女性性」のやり方をもっと意識していきませんか?

 

男性性には、火を燃やすように突き進む性質があります。
一方、女性性には、お水を流すような性質があります。

男性性と女性性の力は、まるで蒸気機関車を動かすように、あなたを動かします。

男性性の火を使って燃料を炊き、燃料を炊いているときに出てくる蒸気、つまり、女性性の水を集めて機関車を動かす、そのように相互作用するのが男性性と女性性です。

ですから、男性性には女性性が必要ですし、女性性には男性性が必要です。

お互いの質は異なり反目しあう二つ性質は、お互いの得意なところを活かすことで協力し、大きな力を生むわけです。

決して、男性性が優秀なわけでも、女性性が優秀なわけでもありません。

それぞれの特徴を知り、最大限活かせるようにすることが大切なのです。

そして、それは男と女も同じです。
お互いに異なる価値観であり、相反するものであるからこそ……二人であると大きな力が生めるのです。

お互いに協力することで、命さえ生むことが、できるわけですから。

女性に大事なことは「まみむめも」

「女性性」には、ゆるむことや、ゆとりを持つことが必要です。

「余白」というと、余計なものであったり無駄なことを想像するかもしれません。

けれども、この「余白」がないと、女性性は滞ります。

女性性を育てる合言葉は、「まみむめも」です。

「ま」は「間」。つまり、ゆとりです。
「み」は「満」。つまり、満たすことです。

女性は「水」の性質がありますから「潤いを満たす」……「綺麗にする」「艶やかである」でもいいでしょうし、「心を満たす」といってもいいかもしれません。

「む」は「無」。つまり、空っぽの状態です。ぼーっとすることでもあります。
「め」は「愛でる」の愛。これには、「ゆるし」という意味もあります。
「も」は「もらう」。つまり、受け取ることです。

 

女性がゆっくりゆったりするほどに、男性も満たされます。

女性の豊かさは、物質的な豊かさではないかもしれません。
どちらかといえば「見えないもの」……たとえば、心や気持ち、あり様などの豊かさです。

それに、女性性が持つ「ゆるし」や「受け取る」ができないと、どちらにせよ、物質の豊かさも入ってきません。

どうか、今すぐ男性化することをやめて、自分が「女性」であることをゆるしてあげてください。

応援しています。

食を育てるように性を育てよう!
愛し愛されるを文化にし、日本を元気しよう!

日本性育アカデミー協会公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA