パートナーってなに? パートナーがいるとかえってしんどいときもある……としても

いつも性育アカデミー協会のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先日のこちらの記事↓

「パートナーがほしい!」と思いながらもパートナーができないとき、パートナーシップの誤解が原因かもしれません

2018.11.28

パートナーがいたとしても幸せになれるとは限らない、とお伝えしました。
自分の幸せは、自分で叶えるものだからです。

パートナーがいると、かえって大変な時もあるくらいです(笑)
にもかかわらず、なぜ「パートナーシップ!」というのか……

今日は、そんなお話です。
あなたの考え方のヒントになれば幸いです。

なぜ「パートナーシップを築きませんか?」というのか

人は、ひとりで生きていくことはできます。
けれども、自分ひとりの力で自らを成長させることには、限界があると思っています。

人生の危機的状況に陥ったとき……たとえば、大切な誰かとの別れやお金の問題、犯罪や事故に巻き込まれたり、大病などで命の危険にさらされたとき。

たとえそのような状況にあっても、自分に関わることは自分の力で越えなければいけません。

それは、パートナーがいてもいなくても変わりはありません。

ただ……危機的状況のときにこそ、パートナーの存在があると、随分救われます。

自分が心細いときに背中をなでてと言ってなでてもらうとか
夕飯のたわいない会話や
一緒に観るDVDの感動や

そんなささいなことに、どれほど助けられたか解らない……

それを痛感しているので、「パートナーシップを築きませんか?」というのです。

「何もないけれど全てある」を知られるパートナーという存在

パートナーがいるからといって、話をずっと聞いてもらえるわけでもありません。
何らかの解決策を見出してもらうわけでもありません。

けれども、ご飯を一緒に食べに行こうと過ごせる時間や、思考が休まる時間が、どれほど心を癒してくれるでしょう。

疲れているときに、「ごはんの用意をしておくね」と言ってくれる有難さ
掃除や洗濯をしてくれたり、心地よい環境を作ってくれようとする何気ないやさしさ
「何もできなけど……できることがあったらいって」という言葉

何もないけれど全てある、そんな時間を持つことができるのも、パートナーという存在がいるからです。

誰かに頼ることや、誰かに優しい言葉をかけてもらうことも、励まし応援してもらうことすら……ひとりで生きていては、できないのです。

世界中の人に嫌われたとしても、家族や仲間がいる、と思えるのは一緒に分かち合ってくれるパートナーの存在が大きいと思います。

もちろん、パートナーがいることを「しんどい」と思うときがありましょう。

それでも、その「しんどい」は、あなたが「試されている」ときなのかもしれません。

ここから「愛」を広げるチャンスが始まります。

あなたには、逃げないで向き合っていってほしいです。

応援しています。

 

「性」の問題を扱えるセラピストがいます

「本音」を見つけることが難しかったり、「怒り」をからだの外に出すことがしんどくなってしまったら、いつでもご相談ください。
あなたと伴走できるセラピストが、全国で活動しています。

食を育てるように性を育てよう!
愛し愛されるを文化にし、日本を元気しよう!

日本性育アカデミー協会公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA